週刊 文春 タレコミ。 【徹底取材】スクープ連発の「週刊文春」の内部事情を公開 / こうして特派記者は取材をしている | バズプラスニュース

今年3回目の完売達成! 「週刊文春」だけがスクープを連発できる理由とは?|日刊サイゾー

2007年7月4日、控訴審判決。 毎日新聞 2010年6月2日• 急遽が出場決定した。 まとめ 生々しい音声が公開されたり、不倫のライン内容が流出したり、 他人のプライベートを公表する行為は、民事上の責任が問われることもあります。 山崎が「政治家に就いてなかったら猥褻ビデオの男優になっていた」などと発言したとされる記事が掲載された。 まとめ ・週刊文春へネタ提供する方法は?:文春リークスからネット送信 一般的なイメージでは専用の電話番号や編集部に情報提供するのではないか?と思いますが、週刊文春では「文春リークス」というネタ提供ようのフォームが用意されています。 ほんとこいつらの頑張っている人の足を引っ張ったり、茶化したりする最低の下劣さには辟易する。

Next

アンジャッシュ渡部建の悪評噴出…週刊文春が女性スキャンダルの続報準備か。交際女優等も裏の顔暴露でイメージダウン続く

ただし、「文春リークス」は2014年7月3日からのスタートで、ASKAの覚醒剤事件の報道「週刊文春が報じた『シャブ&飛鳥』の衝撃」は2013年8月ですからここからではないでしょう。 しかし友人の手助けで逢う事が叶いまし たがそのことではLINEでは認めましたが、友人二人の前では頑として話しません。 木村がと結婚した際には、会見から文春を閉め出した。 で当時の週刊文春編集長・新谷学は週刊文春の報道姿勢や裁判対策を次のように話しています。 2014年7月10日. 文春は控訴したが2008年5月29日、東京高裁にて一審支持、控訴棄却。 それでも勝手に盗撮されて記事にされても訴えない理由には、昔からよく言われる 「有名税」が挙げられます。 やはりネタの売り込みには「知名度」が必要不可欠である。

Next

抹殺兵器・週刊文春、大スクープ連発の圧倒的強さの秘密…ベッキー不倫、清原覚せい剤

2006年5月より、『週刊現代』誌上で、でのの半生を追及する「の」が始まると、『週刊文春』は細木のインタビューを全面的に掲載した反論キャンペーンを始めたが、『週刊現代』の記事に対し細木の反論根拠が怪しくなると撤退縮小を始め、結果4回で終了という実質的な敗北を喫した。 写真は、横田夫妻と交流がある参議院議員のが入手した。 また、不倫などのスキャンダルはそもそも芸能人自身がしなければ良いのも事実です。 1982年、前年引退したのが世界タイトルを13連続で防衛したのはの当時の会長が相手ボクサーにと結論付け、『リングの謀略』という告発連載を行う。 1985年にの『』にレギュラー出演しているの未成年メンバー6人が喫茶店で一緒になって喫煙しているところを写真撮影して掲載。

Next

「週刊文春」がスクープを連発できる秘密

2014年8月7日閲覧。 しかも、週刊文春の発行部数は 一般週刊誌の部門で10年以上連続1位だそうです。 『週刊文春』が発売される2日前にはすべての番組を降板するという徹底ぶりだ。 [第8位]FLASH 出版社:光文社 発売日:毎週火曜日 発行部数:137,392 「FRIDAY」と同じ写真週刊誌。 港区を中心に遊びまわっているネタ元にもお願いのラインを送った。

Next

週刊文春、ネット上でタレコミを受け付ける「文春リークス」開設

いくら週刊文春がスクープを連発し、世間で有名になろうとも、文芸春秋のほうが格上というスタンスだ。 やはり、同じ情報なら情報料が高い方に持ち込まれるのは当然のことですね。 加藤晃彦( - 現職) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]•。 2015年6月7日 -• 当初乃木坂46運営側は処分を行っていなかったこともあり、内定していたとみられるに落選。 もちろん注目度の高いスクープ記事を書くとそれだけ特派記者にお金は多く入るが、それはページ数に応じて支払われる額が増えただけ。 その後の続報で、ベッキーと川谷とのでのやり取りが掲載された。

Next

週刊文春、ネット上でタレコミを受け付ける「文春リークス」開設

週刊文春のなかではそれを「右トップ」「左トップ」と呼んでおり、右側の見出しになっている記事がいちばんのスクープで、二番目のスクープが左側の見出しの記事となっている。 毎日新聞• 特に週刊文春のようにスキャンダルを扱い続けてきた人たちにとって、金に目がくらんだ人たちがどのような過ちを犯すか?は嫌というほど見てきています。 いい方向」 と投稿したほか、 「ブラック企業情報熱そう!!」 「気軽に内部告発が出来る時代が到来した模様」 など、ブラック企業を告発できることを歓迎する意見がある一方で、 「なんか滅茶苦茶デマ拡散の温床になりそうな気がしてならないんだけど。 スキャンダル写真ありきの記事構成となっている。 浅野はこれを事実無根、記事は浅野が『週刊文春』を「人権侵害メディア」として批判し続けていることに対する報復行為であると表明、2006年1月27日に文藝春秋を提訴し、1億1000万円(1000万円は弁護士費用)の損害賠償および、謝罪文を誌上と、4大の広告内に掲載することを求めた。 発売日は日曜日(サンデー)ではなく火曜日。

Next