れいぷめ。 ふーみん@ヤンデルのプロフィール

#進撃の巨人 #ベルユミ ユミルがベルトルトをさん付けするに至った理由

顔色悪いですよ。 れ 記号• ユミルは最初、あの人をなめまくっていたんですよね。 女神情報ですから間違いないです。 そう注意をするのは先程の会話を踏まえてのことだ。 れいぷめってなんですか? あたりめの親戚ですか? コニーはそうじゃないかって推理してくれたんですよ。 [newpage]酷い系ヤンデレになりきれなかったノボリさん 「クダリを私に依存させきって」 「私なしでは生きていけないぐらい駄目にして」 「その後あの子の前から姿を消してしまえたらと考えたことがあります」 そう言うと黒のサブウェイマスターは珍しく笑みのようなものを薄い唇に浮かべた。

Next

ゆっくり390: えんじ色工房

そのときユミルは化け物を見る目で彼を見ていました。 さあ、これから楽しい楽しいご飯の時間。 壁際追い詰めや箱閉じ込めなどでもアレが起こるような。 ローラー完全に宙から浮きました。 そう溜息を吐けば自分よりも大人の筈のその人は幼くこくりと頷いた。 どうせ何も起こらないから私、出歯亀しないでいたんです。 「どんな手を使った所で、私の事だけを考えさせ続けるなんて無理な話でございます」 あの子の周りには人が絶えませんから。

Next

#進撃の巨人 #ベルユミ ユミルがベルトルトをさん付けするに至った理由

はなれたら泣いちゃう。 ユミル、ああ見えて中身がすっごい純情なんです。 でしょうね、とトウヤは頷く。 今はスーパーシングルで荒ぶっているだろう双子の姉を思いトウヤは遠い目をした。 もし自分の双子の姉が同じ事をしてきたならせつなさよりも遠くへ全力で逃げる。 そんな風にここには居ない白い人のことを思った。 本当ですって。

Next

目が死んでる (めがしんでる)とは【ピクシブ百科事典】

小銭を巻き上げたり、膝かっくんしたり、ズボンをずり下ろそうとしたり、色々色々ガキ大将みたいなことしてました。 ベルトルトが我に返って急いで駆けつけて、柱をどけて、ユミルたちを助け起こして、しきりと謝っていましたよ。 トウヤは開き直れないタイプの隠れオタクだった。 ユミルが身を挺して庇いましたもの。 そう口にした時に胸に滲んだ痛みは感じない振りをした。 おかしい人だけど嫌いではないのだ。 次のはベルトルトが後ろ側に倒れてきて下敷きになってました。

Next

#進撃の巨人 #ベルユミ ユミルがベルトルトをさん付けするに至った理由

2020-07-17 22:15:00• 2020-07-17 22:16:25• --- 「それおかしいですよクダリさん」 「ふぇ?」 たたん、たたん。 そしてメールが来なければそこでメールを送るのを止めると言うのだ。 そう言えば姉が嫁にすると息巻いてる緑のもふもふ電波も常時レイプ目だった。 そうモンスターボールを愛しげに撫でる姿にトウヤは不快げに眉を顰めた。 絶対しないだろうが。 ここだけの話ね、私何回か見ました。 何十通も送られても返事しませんからね。

Next

#サ腐マス #ノボクダ 【上下】白と黒の病巣【主♂クダ】

あれはメールで攻めるより直接殴りこみに来るタイプだ。 つい昨日そんな状態のユミルの後ろをジャンが通りがかってですね、ぼそぼそっと言ったんです。 ユミルがベルトルトを「さん」付けで呼ぶようになった理由ですか? ええ、私よく知ってますよ。 はい私、自己の力を見誤ることはございません。 早く寮に戻りましょ。 そうどこか苦しげにノボリは言った。

Next

#進撃の巨人 #ベルユミ ユミルがベルトルトをさん付けするに至った理由

そう微笑む双子の兄の傲慢にトウヤは帽子の下で唇を噛んだ。 「トウヤむずかしい顔、お口、ノボリみたい!」 けらけらと楽しそうに笑う白い車掌。 もし自分の双子の姉が同じ事をしてきたならせつなさよりも遠くへ全力で逃げる。 今度見せてあげますよ、いい機会を狙って。 --- だってあの人絶対長文で呪詛メール送ってくる。 「だって、ノボリ、お出かけ、さびしい」 「いつも一緒にいるんだから偶には離れたって」 「ノボリ朝図書館におでかけ、お昼までぼく、ひとりぼっち」 「ちょっと待って、それだけの間にそんだけメール送ってるんですか」 「だってさびしい」 「ほんの数時間じゃないですか」 「はなればなれやだ」 僕ノボリのことはなしたくない。 だってあの時ベルトルトは、ユミルもクリスタも狙ってないんですから。

Next