新 京成 バス。 船橋新京成バス|バス時刻表やバス停検索|路線バス情報

船橋新京成バス

運賃は新京成電車と並行する関係もあり全区間初乗り運賃(IC175円、現金180円)で均一。 堀川バス 3406• :高塚梨香台線の移管に伴い陣ヶ前停留所に停車、また乗降方式が変更。 小金原案内所が担当する路線で、案内所〜北小金駅の出入庫は基本的に小金7系統か23系統で行っている。 6〜8月頃:馬橋駅(東口前)〜上野台〜八坂神社〜小作台(八坂神社停留所東側)〜(東口)間を開業。 R1・R2・L3・L4 小金1〜4番 系統に次ぐ便数・乗客数で、小金原の主力系統に成長した。 以北についてはほぼ並行した区間である西白井線(〜ニュータウン七次台)が開通し、しばらくは並行して運行していたものの、結局、これに一本化する形でに〜富塚間が廃止となった。

Next

船橋駅北口のバス時刻表とバス停地図|船橋新京成バス|路線バス情報

2020年4月1日:11系統を新設、所要時間の増加により運行本数を減便 R1・R2・L3・L4系統 R1・R2・L3・L4系統は小金原団地線で最も便数・乗客が多い。 なお、1418号車と1419号車以降では正面(赤色)の塗り分けが若干変わっている。 だが、PKG-RA274MANとPKG-AP35UMは譲渡後も増備され 前者は1台のみ 、LKG-AP35FMにモデルチェンジしUDのバス事業撤退後にOEM元の三菱ふそう製(LKG-MP35FM)に切り替えた後も増備が続いている。 中和倉コース• 1013〜1024号車は元習志野新京成バスのPKG-RA274MANが6台とPKG-AP35UMが4台である。 :ききょう南線 利用方法 [ ] 旧習志野新京成バスを含め、距離制だが前乗り前払い信用方式で運賃箱は釣り銭式だったが、バスカード導入後一部の路線の下りで中乗り運賃後払いになり同時に運賃箱が両替式に変更された。

Next

バス利用特典サービスのご案内|路線バス|京成バス

全体的なバス需要の低下に加え、北総線松飛台駅の開業により、沿線のバス利用者は漸減している。 前扉から下車する。 現在は芝山団地停留所横折り返し場跡には一戸建て&集合住宅の家屋が建っている。 本数が多く、朝ラッシュ時の新松戸行は一時間に最大14本が運行されている。 車番は京成バス時代と同じ1060。 (不明):[船橋バス]船53(現在の米ヶ崎経由、当時は「短絡路経由」と呼ばれていた)運行開始。

Next

船橋新京成バス

同停留所付近への乗客の多くは経由順序の早い殿内・行政センター停留所を利用している。 次いでF-121(最後の5E)を導入するが、走行距離の関係からF-114を先に廃車。 ちなみに、鎌ヶ谷大仏便の廃止は1996年7月1日であり、その時点での本数は4往復だった。 現在の)になっていたが2013年 平成25年 1月から再び乗合路線に転用されている。 近年では、いわゆる「赤バス」と呼ばれる旧塗装車の劣化により、車両の除籍・新規導入動きがの激しい。

Next

松戸新京成バス

なお、紙敷車庫発着便は小金原線(12・14系統)などの入出庫車による運行で、ほとんどが大型車である。 (不明):[船橋バス]船53(現在の米ヶ崎経由、当時は「短絡路経由」と呼ばれていた)運行開始。 習志野新京成バスも同じ時期に導入している。 習志野営業所 [ ] 旧習志野新京成バスでも、設立時からの車両を一貫して導入していたが、UDトラックスのバス製造・販売撤退により製に切り替えた。 順次廃車されF-129()で塗装変更と共に製のへ。 平和交通はマイタウンライナー(この名称自体は平和交通のグループ会社であるが高速バスに名づけたもの)としてやを始めとする京成グループ各社のエリアを目的地とする深夜急行路線・日中高速路線を開設しており、近年は京成グループ各社においてもこの動きに対抗しており、この路線開設もその一環であろう。 なお、鎌ヶ谷線は馬込沢〜鎌ヶ谷大仏において白井線と重複している(「配給所前」停留所は船橋新京成バスのみ停車)。

Next

船橋新京成バス|バス時刻表やバス停検索|路線バス情報

大型車での運行に移行したがその後排ガス規制による車両の置き換えが進み、現在は再び中型車により運行されている。 これによって車両更新が一息つくと、非冷房車のF-111〜113に冷房機器搭載改造を施し、保有全車が冷房機器搭載車となった。 詳細は「」および「」を参照 以下、個々の便について述べる。 習志野新京成バス(ならしのしんけいせいバス)は、かつて東部およびその周辺地域を営業エリア にもっていた、()系列のであり、現在の船橋新京成バスである。 (外部リンクが開きます) 北習志野駅• JR・直通化の約3年後の、新規に八柱駅()と団地間の路線を開業。 実際にはバス特があるので上記の計算で21. :松飛台循環線の一部の便が市立松戸高校入口(現松飛台駅入口)経由となる。 同一ルートを左回り・右回りで走行する。

Next