禍 使い方。 「コロナ禍」とは?読み方は?誰が使い始めてなぜつくったのか考察│御パンダと合理天狗の雑記

コロナ禍の読みは「ころなか」禍の意味と読み方|鍋や渦と間違えてしまう原因

「戦禍」「舌禍」や「ペスト禍」など過去の感染症でも用例多数 人体に病気を引き起こす微生物などは「病原体」と呼ばれ、そうした細菌、ウイルス、寄生虫などは有史以前から人間世界の災いの大きな部分を占めてきました。 「コロナ禍」以外の使用例 他にも「豪雨禍 」「台風禍 」「インフル禍 」などのように使われることがあります。 禍の、は「福」である。 つまり「コロナ禍」とは、新型コロナウイルスによる様々な災いという意味になりますね。 — みゅ mtunyachang 鍋(ナベ)や渦(うず)と似ている「禍」という感じですが、 コロナ禍(ころな か)と読みます。 コロナ禍とは?そもそも読み方は?誰がなぜつくった言葉なのか考察 おわりに 新型コロナの感染拡大で、海外や国内における感染者数が連日報道される昨今。

Next

渦・鍋のしめすへん[ネ]=コロナ禍|読み方や意味、使い方を解説!

戦禍(せんか) ・ 戦争による被害。 2月12日には日本人投資家に向けた中国株などを取り扱う 「 亜州IR中国株ニュース」で「コロナ禍」という言葉が登場。 私は初めてこの単語を見たとき、「これって何て読むんだ??」と思ってしまった。 「禍福(かふく)はあざなえる縄のごとし」(幸福と不幸は表裏一体で、代わる代わる来るものだ)ということわざもあるな。 どちらも同じ意味だと思われるかもしれませんが、厳密には以下のような違いがあります。 『コロナ渦』に関しては単語の出現頻度から考えると一般的に広く使用はされていないことが分かりました。

Next

コロナ禍の読みは「ころなか」禍の意味と読み方|鍋や渦と間違えてしまう原因

だからコロナ鍋(なべ)?のような間違いのようなこともでてきてしまうんでしょうね。 コロナ鍋(なべ)と書いている人は、周囲を明るくするネタとして投稿していました。 戦争による被害を表す言葉…「戦禍」• 例文2. しかし、現代で は見た目でスマホやパソコンで簡単に変換してしまうので 「禍」を「鍋」と勘違いして漢字変換して意味も分からずにTwitterなどで拡散していまい。 たとえば、• ただし、毎日新聞で使われたのは 「 ついに世界保健機関(WHO)から緊急事態宣言が出た 新型コロナウイルス禍である」 という文言。 有名作家も使っていた!「禍」を含む小説のタイトル 有名な作家の方も使っていました『禍』の文字! 太宰治 「鬱屈禍」 中島敦 「文字禍」 身近な「禍」を含む 「ことわざ」で使われる そして、実は熟語やことわざも数多く存在していて、前述した熟語はほんの一部であって、『災い』に関連する言葉についての使用頻度が相当高いです。 最近よく目にするようになりましたが コロナの「渦(うず)」のようにも見えますがよく見ると違う字です。

Next

コロナ禍、コロナ渦を使い始めたのはいつから?『禍』、『渦』の違い、誤りの可能性についても調べました!

「 コロナ禍」という言葉は、いつの間にか広まって、すでに定着した印象ですが 最初から迷わずに正しく読めたという人はどのくらいいるでしょうか。 今日の感染者数 を伝えるようになってから数カ月がたちました。 禍の語を使った四字熟語 禍の語を使ったには「転禍為福」(ふく)、「倚伏」(かふくいふく)などが挙げられる。 「コロナ禍」ということばの使い方について最近行った民放各社との意見交換でも、「番組タイトルやニュースのテロップでの使用はあるが、読み原稿やスタジオトークでは使わない」という意見でおおむね一致しており、放送のことばとしては、慎重な姿勢がうかがえました。 ・禍(か、わざわい)は伝説上の生物、怪獣で災禍を生み出す存在であると言われている。 そこで今回は「コロナ禍」の読み方や意味、使い方や報じられ方などをピックアップしてまとめました。

Next

禍の使い方、ほかの品詞の結びつき|日本語コロケーション辞典

20 毎日新聞「脱炭素社会」) 「 コロナ禍でテレワークが普及したことも、ビジネスモデルの作り替えを加速させるだろう。 「コロナ禍」という言葉、実はこの 2月時点から増え始めました。 漢字の後に「ひらがな」が続く 「送り仮名」で多く使われる。 コロナ禍の意味とは 「コロナ禍」の「禍」は「か」と読みます。 見えないウィルスとの闘いには、一人一人が当事者として、平常心で毅然と戦う力が不可欠です。 読みは「ころな・か」• 個人的には感染症による災害は 生物災害 バイオハザード ですから 自然災害という認識で良いと思います 災害対策基本法の第二条には 『この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は それぞれ当該各号に定めるところによる 一 災害 暴風、竜巻、豪雨、豪雪、洪水、崖崩れ、土石流 高潮、地震、津波、噴火、地滑りその他の異常な自然現象又は 大規模な火事若しくは爆発その他その及ぼす被害の程度において これらに類する政令で定める原因により生ずる被害をいう 』とあります ですので生物災害は 自然発生であれば自然災害と定義出来るはずです そこまで踏み込みたくないという意識が 災害であるという認識を阻害しているのではないでしょうか? 禍を招いた( わざわいをまねいた)不幸な出来事を自らがよびこんだこと• コロナ禍とは|読み方や意味、使い方・「災」との違い・コロナ禍の影響を受けた業界、働き方の変化を解説• テレビやネット、新聞で多く使用される「コロナ禍」とは、 誰がいつ言い出し始めたのか、時系列で振り返ってみましょう。

Next

コロナ渦の読み方・コロナ禍と違いは?どっちかは間違い&いつから使い始めた?

誰が最初に言い出したのかは、特定できませんでしたが、今やネットやテレビなど様々なメディアで使われるようになっている新語となりました。 テレビや新聞、ネットでは「 今日の新型コロナ感染者数」とともに• 人類が飽くなき探求と欲望で地球を席巻し開発したことで、環境が変化し、そうした未知の生物が「病原体」になったともいわれます。 文章は書く漢字は、いまやスマホやパソコンで漢字変換という作業に成り代わってしまいました。 言葉は伝わらなければ意味をなさないので、そこを考慮すれば、聞き慣れない、 『コロナまが』 という読み方にしてしまった方が、多くの人が一瞬で何を言っているのか理解できますから、こちらを使って欲しいというのが個人的な意見です。 関連記事• コロナ渦(うず)と書いてしまっている人は、割とまじめな長文を投稿している傾向がありました。 ノートに文を書いていた時代には書く字や漢字をよく見て観察して書いていたものです。

Next