つぐもも あざみ。 つぐもも 13巻 かずや すなおと混浴!?すなおのサービスシーン多数!迷い家襲撃!くくりと最終決戦!(ネタバレ・感想)

継つぐもも 第10話 『騒乱』すなおが来た!押しかけ女房がまた1人。

「ムヒョヒョ~…いい桃尻じゃ~、つぐももだけに」(お尻撫で撫で) 「ひゃああああーんっ!?」 温泉入浴中のあるみとみまね。 普通に考えればくくり圧倒的に有利なんですが、かけらを持ったミウラヒは一筋縄では行かないようで。 すそはらいとして認められる試験で「つぐもも」を与えられることが決まった際にも布団部屋に閉じ込められたが、抜け出した時には他の者は既に武具のつぐももを選び終えたあとであり、最後まで残されていたのが帯の「つぐもも」である桐葉だった。 「わあっ!凄いおっぱい!」(おっぱい揉み揉み) 「うわあっ!?」 「あきとは、こう言う事しないの?」(おっぱい揉み揉み) 「しません!」 「何で?こんなに大きいのに?」 「知りません!」 第7話「対戦」「恋のすごろクイズ」 アーケードゲームプレイ中のかずや。 また、みまねからは日常的に重度なセクハラを受けている。 「家」のつぐももである の中に宿した石片の霊力により、所有者がおらずとも生き長らえた彼らであったが、付喪神としての命が絶え器物へと還ってしまった者が出てくるなど石片の霊力が薄れてきたことから、霊力が枯渇する前にくくりを殺して石片を奪う「おのごろ祭り」の決行を試みる。 でも結界説いたらあざみが…これが狙いか。

Next

【アニメ】継つぐももの11話あらすじ・ネタバレ感想

ここでくくりは奏歌を倒しますが、あざみは奏歌とともに深い山の中に生き、霊力が回復するのを待っていました。 入浴中、あきとのアソコを触ろうとするみまね。 そのため、幼き姿では能面と神域の補助無しでは満足に力を振るえない状態となっている。 「さあ、キレイキレイするで~」 「どうしちゃったの、くくりちゃん!?」 「ああ…お疲れ様の宴会が、ちょこっと盛り上がっちゃってね…」 くくりにパイズリ洗体されるかずや。 小説を守護していたモンスターの退治に成功するが、桐葉がふうに小説を破棄させようとしたところで戦いの余波で小説がバラバラになってしまい、記憶喪失という〔すそがえし〕が起こってしまった。 〔あまそぎ〕と化したコロン「もてもてフレグランス」でハーレム騒動を起こしたこともある。

Next

つぐもも 16巻 一也の過去編!諸悪の根源は一也だった?禁断のあまそぎ作り!(ネタバレ・感想)

「何ですか、これは!?」 「勿論、夜伽の準備です。 この時間操作は「操作した分、使い手に足し引きされる」というリスクがあり、時間を停止させると「その間この世にいなかったこと」になるという。 すそはらいとして千年に一人の才覚の持ち主 つづら殿での奏歌は成績はよくありませんでした。 保管のみで処分されなかったのは金導帯として想定された「倍化能力」が必要になった時のための備えとしてだった。 「おのごろ祭り」を行うまでは上岡東中学校の男子生徒に扮していただけでなく、一也らのクラスメイトとして一也・桐葉らの行動を監視していた。 村月 さくみ(むらつき さくみ) 声 - えいことは同級生だった、3年の女子生徒。

Next

継つぐもも 第11話 『総力戦』遂に決戦!そう思ったら斜め上の展開にビックリ。

渋谷事変では脱兎を使ったことで、粟坂の術式を解明することに成功しました。 生徒たちに拘束される、ブルマ体操服・臍丸出しのいすず。 石片の霊力が落ちている 土地神から奪った石片の力には限りがありました。 小山内おさむ:佐々木詩帆• 願いが成就したことで〔あまそぎ〕は消滅する…と思いきや、〔あまそぎ〕は最後の願いが叶えられていない、と言い、消滅しなかった。 まだだ、まだ終わらんよ! 某赤い彗星みたいな事を言うミウラヒ。 中学生になると恵はよくケンカをしていましたが、津美紀はそんな恵を叱っていました。

Next

【アニメ】継つぐももの11話あらすじ・ネタバレ感想

四百伊織しおり(しおいおり しおり) 八印のすそはらいで、の太郎松を持つ。 八津川 やすき(やつかわ やすき) 声 - 弓の付喪神。 およそ1,000年で効力を失います。 土地神襲撃に加担した付喪神で、いずれも男性。 だが一也への好意は一切隠さず、一也の前では平気で裸になり(とは言え人並みに羞恥心は持っている )、風呂で背中を流させたり、「力を強めるため」と称して毎日一緒に寝たりしている(しかも裸で寝る癖がある)。 「とうっ!」 「ぐえっ!な、何!?」 「あっ…此奴あれだ、加賀見かずや!」 パンチラしながら戦う桐葉。 真名は「おとむらさき」。

Next

つぐもも 13巻 かずや すなおと混浴!?すなおのサービスシーン多数!迷い家襲撃!くくりと最終決戦!(ネタバレ・感想)

「どうした?何を騒いで…あっ」 「待ってください!これには深い訳が…」 【アイキャッチ】入浴中のくくりとみまね。 あざみの目的は貴方を 殺す 事だからです。 その中で一明は上手く出し抜いて奏歌と付き合い始めたのだったが、桐葉には奏歌との交際を邪魔されていた上に、現在も頭が上がらない ほど弱みを握られており、当初くくりや黒耀の居候には反対するも桐葉の嫌がらせ に屈して認めてしまった。 投降後、つづら殿で封印の札を貼られ拘束されていたところを一也らに助けられる。 奏歌の古いワンピースを見つけたかずやは「僕を殺せ」と願いを込め、あまそぎを作ろうとします。 結婚後も実家で暮らしていたが、奏歌の死後、一也のことを考え、新たに現在住んでいる家を借りた。

Next

「つぐもも」くくりがかわいい幼女の姿なのはなぜ?死や復活についても

写し身8本は桐葉の最大であり、潜在能力全てを引き出した場合にのみ使用可能。 また、いずれも毎回エンドカードでゲストの漫画家に登場人物のイラストを描いてもらっている。 金山 たぐり(かなやま たぐり) 性転換時• その動きを察したくくりは を遣わせ、へと一也を招く。 自らの力を分割することで「 央菜」という人格を持った分身を作り出しており、真名の固定化を防ぐ意味で央菜と定期的に名前を交換している。 神秘の宝庫・東北。 長く修行したつづら殿から戻ったあと、奏歌が既に亡くなっていたこと、上岡では奏歌に代わる新しい「すそはらい」として一也が就いたことを知る。

Next

「呪術廻戦」伏黒恵の術式・式神を解説!過去や姉・津美紀(つみき)についても

この鎧は防御力もさることながら受けた攻撃(武器や技)を記憶し、写し身として再現する「怨返(おんがえし)」を使う。 「そうだ。 近くに住む土地神・ や なども参戦し、土地神たちと付喪神たちとの一大戦争が繰り広げられている最中、くくりらの前に、2人の帯のつぐもも・ と、彼女らに守られ〔つくもつき〕と化した奏歌が姿を現す。 脇坂 わかな(わきさか わかな) 声 - 好きな男子生徒に告白するも振られたことで、腹いせに「恋のすごろクイズ」という双六の〔あまそぎ〕を生み出し、校内中のカップルを破局させようとした女子生徒。 水晶玉を用いて、未来を占うことができる。 但しこれは治に掛けられた催眠術で吐露した本音であり、本人には自覚がない。

Next