アヌンナキ の 冷凍 保存。 アヌンナキの冷凍保存が発見される!!【都市伝説】

アヌンナキの冷凍保存が発見される!!【都市伝説】

この猿人にアヌンナキの遺伝子を混ぜ合わせ人類を創造したのです。 「武神のシンボルの剣」• エンリル:アヌの子で大気の神であり、最強の神。 より古代の最高神の息子でもある。 24,902件のビュー• このゾーンは私たちの船や浮遊都市の航行には好都合なんだ」そうですが、『浮遊都市』つまり『都市型の超大型宇宙母船』でこの宇宙人種族、アプ星人は飛来しているようなのです。 また、伝説で、『エメラルド・タブレット』 が、 【ヘルメス・トリスメギストス】 によって書かれたと言う神話もあります。

Next

シュメール文明の謎には「何者」かが関わっていた??~NaokimanShowの話~

そして実は、正体が露見してしまいやすい箇所があります。 ウルは旧約聖書に登場するアブラハムの出身地でもある。 猿人(女)の卵子を入れた液に女を作るためのエキスを混ぜ、今度はエンキの妻(ニンキ)の子宮に挿入します。 キニニゲンの発音 の2つです。 巨人の身体はガラス製の容器の中に収められていた。 神の子供たちは、人の娘が美しいのを見て、それぞれ選んだ者を妻としネフェリムという超人が誕生する。 そのアントゥとの間に生まれたのが、 長男のエンキです。

Next

アヌンナキは実在した!?金を掘り出すのしんどいから人類創ってみた

このシュメール文明は、アヌンナキがもたらしたと言われていますが、そうだとするなら、何の前触れもなく高度な文明が発生したことにも説明がつきます。 ちなみに、ビッグフットや野人と呼ばれる未確認生物の祖先も、そのときに生み出されたと言われています。 金の発掘のための労働力ですから、反抗することのないように高次の存在に絶対服従するという操作をして人類を誕生させました。 神としてのアヌンナキ シュメール人たちは、この高度な知識を神々からの贈り物と言っていたことが、粘土板の記録から分かっています。 では「牛神」が「龍神」をテクノロジーの面で圧倒し、「爬虫類的異星人()を低層4次元に追いやったと語られています。 別名はイシュタル。 その上に幸運の助けを得て、はじめて創造がなされるのです。

Next

レプティリアンの見分け方と特徴は?日本人、有名人にも潜む爬虫類人

イナンナ:アヌの娘。 14,675件のビュー• 洪水が起きた理由は、宗教原理を説く題材になると見て聖書の中にこの物語を組み込んだと思われる。 ここは、めいみ の チャネリングに過ぎませんが、 おそらく【火星】にいたのは、 【ニビル星人】のアヌンナキと、奴隷のイギギと、 【アルデバラン・セイジン達】と、 【シリウス・セイジン達】と、 【オリオン・セイジン達】では?と思われます。 「宇宙人と普通の人間を区別できなくなっている」時代だそうです。 その他にも生体実験をしていたようです。 時代や国によってこの構成は多少は変わっていきますが、最高神である天空の神と、その妻であり大地あるいは冥界の女神たちの子であることが大半です。

Next

アヌンナキの冷凍保存が発見される!!【都市伝説】

シュメールの神話では、洪水は自然災害ではなく人間が騒がしくなったために神エンリルが引き起こしたものだとされている。 そんな星の中にシュメールの神々であるアヌンナキたちの故郷「ニビル星」があると主張したのです。 レオナルド・ダヴィンチ• ニビルが接近する時に、アヌンナキが再来するという。 詳しく説明すると猿人の女性から卵子を取り出し、アヌンナキの誕生した人類を金の発掘のための労働力として使うため、遺伝子操作も行ったとされています。 それが• たった3%の意識で頑張っていても、潜在意識が邪魔をすると、私たちの人生はなかなか変化しません… 反対に、潜在意識さえ書き換えてしまえば、自然と自分らしい理想の人生に近づいていきます。 これらは、 『エヌマエリッシュ』や 『ギルガメッシュ叙事詩』などの 石版に書かれたもののようです。

Next

アヌンナキ

エンキなどは知識の神として多くの発明を人類に与えたともされ、最高神エンリルは嵐を司る恐怖の神であり、イナンナは愛と母性の神です。 人間のスピリチュアル的な進化を阻止している• アヌンナキの痕跡 略奪された遺物 2003年4月10日、アメリカ軍がイランの首都バグダッドに侵攻した。 45万年前にすでに核技術やDNA操作、医学などの高度な技術を持っていました。 ギリシャ神話の中で神々を支配するゼウスにも、混合種の息子がいると言われている。 マインドコントロールの影響か、言っていることは支離滅裂で、とても冷静とは言えない状態だったのですが、その口からは確かに「レプティリアン」という名前と、「イルミナティ」という名前が出てきたわけですね。

Next