デンソー 燃料 ポンプ。 デンソー、トヨタ保有の「愛三工業」全株取得で何が変わる?|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

デンソー

積み重ねられたチェック項目だけで品質を確保する時代は終わりつつあるのである。 トヨタブランドだと現地で販売されるトラックが大半のようですが、このうち日本で製造、そして日本国内でも販売されているランドクルーザー、そしてレクサス全車は日本のユーザーにも影響しそう。 F02— COMBUSTION ENGINES; HOT-GAS OR COMBUSTION-PRODUCT ENGINE PLANTS• F— MECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING• 一方、キャニスタポート140と大気ポート150との間は遮断される。 排出通路163は、ポンプ収容部120においてポンプ200およびブラシレスモータ210とハウジング110との間に形成され、切換弁収容部130において切換弁300とハウジング110との間に形成されている。 米国ではデンソー自身がリコールを届け出たとみられるが、それも同年1月とわずか2カ月前にすぎない。

Next

トヨタ、ノア など30車種11万2000台をリコール 燃料ポンプ不具合でエンストのおそれ

そのため、ワッシャ342は第一弁座341に着座するとともに、バルブキャップ352は第二弁座351から離座する。 こうしたリコールでデンソーが負った賠償金(リコール対策費用)は、実に2200億円だ。 さらに両社の連携を加速し、開発や経営の効率向上につなげる。 統計的予測、競合状況、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的推奨事項が含まれています。 239000002828 fuel tank Substances 0. 239000000446 fuel Substances 0. センサ室170は、圧力導入通路164を経由してポンプ通路162に連通している。 早めに手を打たなければ、リコール対策費用が膨れ上がるからである。

Next

【トヨタ自動車リコール】トヨタ向けデンソー製燃料ポンプに不具合

デンソー副社長の山中康司氏は会見で、「リコールの決定は自動車メーカーの判断。 ブラシレスモータ210および切換弁300なども、ECU50により制御される。 前編は欠陥を起こした直接的な原因「直接原因」を明らかにする。 そのデータに加えて、自動車用燃料ポンプ業界の主要プレーヤーのプロファイルがレポートに含まれています。 —他のデータポイントをカバーするための無料の40アナリスト時間。

Next

JP4344995B2

なので、「なぜ、早期に発見できないのか?」と言われると、「発見が難しい」としか言いようがない。 その結果、ハウジング110の設計自由度が向上し、上述のようにハウジング110のキャニスタ30側の端部は概ね平坦に設定することができる。 例えば、良品回収調査を行って樹脂製インペラの寸法は測定したが、強度(引っ張り強さや曲げ強度など)までは調べなかったといった具合である。 そのため、ハウジングの反キャニスタ側におけるデッドスペースが低減されるとともに、コネクタおよび端子の損傷を防止することができる。 【トヨタ自動車週休3日】他の所は大丈夫?まとめ トヨタ系企業や他は大丈夫なのでしょうか? 三菱自動車については5月15日に国内全工場の生産休止を延長すると発表がありました。 デンソーは、トヨタ向けのリコール対策費用として2220億円を計上。 したがって、搭載するための空間を低減することができる。

Next

トヨタ・ランドクルーザー、レクサスNXなど70万台が北米でリコールの可能性。現在調査中なるも「燃料ポンプの不具合でエンジン停止、再始動不可」

この結果、バルブキャップ352は第二弁座351から離座するとともに、ワッシャ342は第一弁座341に着座する。 ポンプ200は、ポンプ収容部120に収容されており、吸入口201および排出口202を有している。 岐阜車体(第1ライン)6~7月• トヨタは経営の効率化や競争力強化に向け、グループ内で「ホーム&アウェー」と呼ぶ事業再編を加速している。 新型コロナウイルスの感染拡大による市場縮小で競争が激化すると分析する。 燃料タンク20で発生した燃料蒸気は、キャニスタ30を通過することにより吸着剤31に吸着される。 デンソーは20日、愛三工業と、パワートレーン事業の統合と、同社に対する出資比率の引き上げについて検討を始めることで基本合意したと発表した。 今後も生産調整がありそうです。

Next

デンソー、品質費用2200億円 トヨタ系再編に「巨大化リスク」:日経ビジネス電子版

ブラシレスモータは軸方向の全長が低減されるため、ブラシレスモータおよびポンプを収容するハウジングは小型化される。 その結果、コネクタ180ならびにコネクタ180に設置されている端子群181の損傷が防止される。 一方、燃料蒸気漏れ検査モジュールは、燃料タンクからの燃料蒸気の漏れを検出するため、燃料タンクの近傍に設置される。 なぜ欠陥燃料ポンプを造ってしまったのか。 直接的原因は? リコールの内容は2つになる。 吸気装置40は、エンジンの吸気系に接続される吸気管41を有している。 現時点では分からない」と言うではないか。

Next

デンソーの燃料ポンプリコールの根底にあるもの|中野技術士事務所|note

前記キャニスタポートは、前記オリフィス通路と二重環状に形成されていることを特徴とする請求項1から4のいずれか一項記載の燃料蒸気の漏れ検査モジュール。 この状態を図3に示す基準検出状態Cとする。 こと細かくチェックする項目が定められているほど、担当者は「チェック項目をクリアする」ことに力を注ぐし、チェックする側も「チェック項目をクリアしているか?」を確認することに力を注ぐ。 これは2018年〜2019年に製造された車両(すべてではない)が対象となっていて、内容としては「フューエルポンプに不具合があり、実際に不具合が発生するとエンジンの動作が不安定になったり、最悪の場合はエンジンが停止する」、というもの。 ポンプ200は、ポンプハウジング250およびポンプケース260を有している。

Next