プラレス3四郎。 プラレス3四郎

プラレスラーVAN

柔術道場を営む。 柔王丸とリキオーのコンビの前に叩きのめされていたようだが、結末が描かれていないためにその後の行方は不明。 マッド・ハリケーン スーパーヘビー級と称される大型プラレスラー。 だいたい勝つんだけど、3週間後のことはわからない」と語り、会場の笑いを誘った。 第二回路になると緊急停止回路も外れ、相手を破壊するまで止まらなくなる。 外装パーツはプラレスラーサイズのアタッシュケースに納められ、柔王丸が自分で装着する事も可能。 原作 - 牛次郎、神矢みのる• ここで初めて「光ファイバー」という言葉に触れた子供もいたと思う。

Next

夢が未来を創る「第1回プラレス大会」開催 「プラレス3四郎」連載開始35周年記念

(CV:)のオーナーにして主人公。 ロドリゲスによれば、それまでの常識を覆す小型かつ大出力を成立させた動力源開発にも関わっていたらしい。 作画担当曰く、連載当時は人気もなく「間が持てないから出したようなキャラ」だとのことで、現在『3四郎』の話題になると桜姫の話題ばかりとなることに作画担当自身が驚いているという。 チーフディレクター -• 成田のハンドメイドであり、高い実力を秘めている。 3四郎がエル・ウラカンIIとの戦いに際し柔王丸を強化した際、成田が操るこのキットのプロトタイプで最終調整が行われている。

Next

Amazon

宇宙に翔べ柔王丸!! ホバーノズルを用いており機動性も高い。 net、2013年1月10日) 外部リンク [ ]• ・放送枠で此処では初代日5を指す• アニメプラレス3四郎 柔王丸 放映当時のプラモデル 先にお断りしときますが、もともと不器用なのでプラモデルは得意ではなく、さらに作り直しということもあって、あまり(いや全然)出来が良くないのは勘弁してください。 真昼のウエスタンファイト!! 劇中では目立った活躍は見せなかった。 しかし柔王丸と極限の同調をみせた3四郎の操作により、ほんのわずかな隙をつかれピンフォール負けする。 ヘッドギア部の額の「J」がトレードマーク。 大貫 条也(おおぬき じょうや) ガレージプラレスの王者。 対戦相手をネジ一本残さず分解するため、壊し屋と恐れられている。

Next

プラレス3四郎

第2回選手権までは不参加だったが、タッグ選手権からはザ・魔人を強化したと思しきザ・魔人エクストラを擁して出場。 また、今日子に惚れているため、彼女が絡むと途端に口が軽くなる。 のような衣装を着た女性。 第2回選手権の直後、ロドリゲス父娘との再戦からは音声入力を併用した。 クレイジーホース タッグ選手権に参加するために公式レギュレーションに合わせたブラッディーXの改良版。

Next

夢が未来を創る「第1回プラレス大会」開催 「プラレス3四郎」連載開始35周年記念

なお、つい間違われがちであるがタイトルの「さんしろう」は「三四郎」ではなく「3四郎」が正しい表記である。 (CV:)(アニメ版では)のオーナー。 続編「プラレスラーVAN」ではより軽量化したスピード仕様の市販モデル「S(スモール)フレーム」が登場した。 キャラクターデザイン・いのまたむつみ、メカニックデザイン・小原渉平、豊増隆寛。 【完全アフターフォロー】商品に関して万全を期しておりますが、もし万が一不備があった場合はアマゾンの評価をされる前にメールにてご相談ください。

Next

Amazon

3四郎危機一髪!! 第2回プラレス選手権ではエル・ウラカンのオペレーターとして参加。 狙われた柔王丸!! 落合正宗 3 6月19日 ザ・魔神 パワーアタック!! 専門は人体工学。 中学生だが身長はかなり低く、その体形と顔の雰囲気から、対戦相手に呼ばわりされることもある。 【商品内容】DVD全6巻(各DVD、ディスクケース)、外箱、クリアケース、ブックレット、プラモデル(未使用)、帯になります。 一度は柔王丸を下すもその後破れ、後にシーラの手引きで笹本と不本意ながらコンビを組んでジオラマシティーで柔王丸と3度相見える。

Next

プラレスラーVAN

実は上半身は排除可能で、中から人間に近いフォルムの本当の上半身が出ると、ストロングスタイルのプロレス技も使用可能という強力なプラレスラー。 プラモの裏側が真っ黒いのは仮組した時、プラモ自体が光ってたので遮光する為、黒く塗潰しました。 ゆくゆくは世界大会の開催を狙っている。 解説は特に記述のない限り、漫画版に準じている。 クリアケース:スレによる若干の使用感があります。

Next

夢が未来を創る「第1回プラレス大会」開催 「プラレス3四郎」連載開始35周年記念

( 2020年6月) テレビアニメ版の本放送当時、その設定に準じたデザインで柔王丸をはじめとするプラレスラーが、によってプラキット化されている。 レッド・アロー 第2回大会に参加したプラレスラー。 成田達の乱入によってバトルロイヤル状態となった後は柔王丸とリキオーのコンビに圧倒されていたが、ブラック・センチュリー同様最後はどうなったかは不明。 今日子はプラレスに関しては素人同然だったため、製作に際しては成田が全面的にバックアップしている。 ところがあるとき、手塚治虫氏の原稿が既に入稿されたことを知ったときには「顔面から血の気が引いた」という。 小熊公晴 福島喜晴 21 10月23日 スペースシャトルの罠! アニメでは29話で柔王丸のテストで対戦するために登場した、「しょうちゃんメカ」と呼ばれただけでタコボーイという名前は使われなかった。

Next