インド 映画 きっと うまく いく。 『きっと、うまくいく』ロケ地探訪(完全版)

きっとうまくいく 動画 吹き替え・字幕 フル無料視聴

高山病対策】 「ひとまず、町を散策しよう」 そう筆者は思って出かけようとしたところで、 ホテルの従業員に止められる。 学内で雑務をこなす少年 マンモーハン、ヴィールーの娘で医者を志す ピアも、ランチョーの浮世離れした姿勢に触発される。 ファルハーンへとラージューはそんなランチョーに引き寄せられ何をするにも3人でいた。 」"うまーくいーく"と唱え、思うままに世間の常識に反抗した。 関連記事を表示. だがランチョーは来ない。

Next

スピルバーグもブラピも感動!インド映画『きっと、うまくいく』脅威の満足度で大ヒット拡大公開中 シネマトリビューン

All Rights Reserved. ピアを通じてそれを察知したランチョーとファルハーンは答案を盗み出すが、ラージュは自らの実力で合格してみせると意気込む。 モナ・サハスラブッデー 演 - ()、日本語吹替 - ピアの姉。 『きっと、うまくいく』のキャストを紹介! 1.アーミル・カーン 1965年3月14日、ムンバイ生まれ。 事前に、空港からホテルまで「300ルピー程度」という情報を得ていたが、 もう少し安い金額で、ホテルへ向かうことができた。 歌が好き! この歌がとても好きですし、他の劇中歌も全部良い…。

Next

きっと、うまくいく 特集: インド映画にさん然と輝く4作品が一堂に! 《ボリウッド4》スペシャル・キャンペーン

ラージューだけではなく、ファルハーンもまた、道から外れることを恐れながらも、将来を自分でつかみ取ろうとします。 それぞれに家庭の期待を受けて入学してきたファランとラージュー、そして自由奔放な天才ランチョーの三人は寮でルームメイトとなる。 Hungama Digital Media Entertainment Pvt. 撮影 - C・K・ムラリーダラン• 「3 idiots(きっと、うまくいく)」のロケ地探訪に興味あるとなかろうと、是非。 2010 国際インド映画アカデミー賞(IIFA Awards)• 大学での競争に明け暮れる周囲にはおかまいなしのランチョーは、ただ工学が好きで勉強しているだけ。 荒涼とした茶褐色の大地、乾いた大地に恵みをもたらすインダス川、険しい山々…。

Next

インド映画『きっと、うまくいく』感想。10年後成功したのは?伏線回収も爽快!最高のエンタメ作品!

いつか誰かの心に残るような文章を書くことを目標に日々勉強中。 日本でも、学校では成績をつけられたりテストで順位が出たりしますよね。 日の出近くに出発して、 15:00着。 この作品も、もれなく踊ってるし、歌いまくっているがwそれ以上に、話がおもしろい。 インド映画といえば、突然に踊り、歌いだすというミュージカルのような印象を持っている人も多いのではないでしょうか。

Next

映画『きっと、うまくいく』のネタバレ感想・解説・考察!インドの3バカ大学生が自分の将来を突き進む傑作青春コメディ

普段は病院でお仕事しています。 妊娠している。 そんな意識で観ると、ただなんとなく観るよりずっと深いレベルで考えられます。 ついにラージューは回復する。 勿論、勉強の邪魔はしません!」 学業優先である。 でも、クソ理系大学に通ってる 通ってた? 身からすると、 日本の理系の学生もこんなもんだから…。

Next

映画「きっと、うまくいく」のロケ地インド・ラダックが絶景すぎる

関連項目 [ ]• ここでパスポートを見せて問題なければ、 第一チェックポイント通過となる。 当ブログの管理人です。 脚本賞(ラージクマール・ヒラーニ 、ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー)• 相手はかつての大学の同窓生・チャトルからでした。 世界の自殺割合では12位です。 対してヴィールーはファルハーンとラージューをランチョーと決別させるために策を講じるが、あえなく失敗し、3人の絆は確固たるものへ変化する。

Next

きっと、うまくいく

最後の方は、 長い映画をここまで観てきた観客へのご褒美なのか?と思うくらい素晴らしいシーンが続き、しばしば涙があふれます。 父親に頭が上がらない。 彼の名はランチョー(アーミル・カーン)。 原題の意味するとおり、ファルハーン、ラージューを含めた3バカの行動が本作全体の肝となっています。 彼らの前向きな心意気がうかがえるだろう。

Next

【きっと、うまくいく】映画の感想|笑いと感動が交互に押し寄せる。傑作インド映画。|一目でわかるVOD比較サイト

thegranddragonladakh. そのアクセスの悪さから未だ訪れる旅行者も少ないザンスカール。 そして、もうひとりの主人公ラージューはランチョーと同じく、工学そのものが好きな青年。 ここは強引に両替していただき、国内線の飛行機に乗り込んだ。 そのため、父親には頭があがりません。 ランチョーは他の学生とは全く違う。

Next