平泳ぎ タイミング。 平泳ぎ 泳ぎ方のコツ(キックとプルのタイミング)

水泳平泳ぎのコツ手と足のタイミングの注意点

1でキャッチ、2で水を引き寄せ、3で伸びる。 スカーリングとは、水をとらえるための動作です。 6.仰向けキック 仰向けキックは、背泳ぎのように、仰向けに浮いた状態で平泳ぎのキックを行います。 水をとらえれていない フォームは悪くないのにいまいち進みが良くないという方は、足で水をとらえれていない可能性があります。 そのため水泳初心者が泳ぐ場合、平泳ぎは他の水泳種目に比べて進みにくく、難しい・苦手というイメージがついてしまう傾向にあります。 その際、肘は必ず水中に入っていなければなりませんが、手は水中・水面・水上のどこからに伸ばしても構いません。 さらに、平泳ぎのタイムを上げたいという人は、こちらの記事をお読みください。

Next

正しい平泳ぎにキックのタイミング

足は伸ばした状態ですのでこれを腕を胸から前へ伸ばす間に膝を曲げながら行います。 手を内側にひき、掻きこみ始めるのと同時に、足をお尻にひきつけます。 プル動作は小さくなりすぎないように、手のひらから前腕で水をかくように意識して行いましょう。 ストリームラインキックについては、で説明していますが、水泳のドリル練習として重要なものなので、クロールや平泳ぎだけではなく、背泳ぎやバタフライのドリル練習としても欠かせません。 脇をしめるときは、体の前寄りでしめるようにして、体を斜め前にあげるようにします。 しかし、一度タイミングがずれてしまうと楽に泳げるものも苦しく感じてしまうものです。 タイミングとしては、手をかいてから足を引いていくという手が先行する形になります。

Next

『平泳ぎが上手になる3つのポイント』 コ・ス・パ COSPA

ポイントは、 手と足を同時に動かさないようにすることです。 つま先の向きも大事になってきますので、つま先は外に向くようにすることも意識して行ってください。 膝を高く上げてその場で水中足踏み 足の裏の感覚が良くなってきたら、膝を高く上げてその場で水中足踏みをします。 速く泳ぐことができるのは、ウィップキックの方です。 当時、平泳ぎが最も歴史と伝統のある美しい泳法であると考えられており、水しぶきをあげて泳ぐ背泳ぎは「男らしくない」「美しくない」と考えられ、伝統ある平泳ぎを残すため、ので背泳ぎを独立種目とした。

Next

【平泳ぎのタイミング】全国大会でも通用する平泳ぎの腕(プル)と足(キック)のタイミングをわかりやすく解説

ですが、 平泳ぎって実は一番疲れる泳ぎ方なんです。 キックの際にどんなことに気をつけたらいいのか、ウイップキックを例に解説していきます。 足の指先を反らすようなイメージで力を入れると足首が伸びにくくなります。 競技としての平泳ぎ [ ] 抵抗を減らすための研究や、ルール変更の影響を受け、その時代ごとに主流とされる泳ぎが大きく変化している。 23 板キックを速くするって凄く難しいですよね。

Next

平泳ぎのタイミングはどうすれば上手くとれますか?

キックで水を蹴ってうまれた推進力を逃さないように、しっかりときれいなフォームで伸びることができるように意識的に伸びるようにしましょう。 抵抗が強まった中進むとなると、かなりの力が必要になってくるのです。 できるだけ長い距離で行い、足首の強化に繋げましょう。 足は伸びたまま、手のひらを横に開きながら水をかきます。 タイミング キックとストロークのタイミングが重要 平泳ぎを泳ぐ時にキックをいつ打つかというのは重要なポイントです。 この時に足の裏や甲に水が当たるのを感じるはずです。

Next

平泳ぎの泳ぎ方!フォームのコツやポイントとは?【水泳上達ガイド】

2016. 肩幅に足を曲げて広げ、外側に蹴り出して足が伸びた状態から、両方の足を挟むようにして足を閉じるキックです。 最初は脚に余計な力が入りますが、慣れればスムーズに動けるようになり、平泳ぎのキックにつながってきます。 平泳ぎのキックの種類 平泳ぎのキックは基本は同じですが、競技者とそうでない人とでは種類が大きく異なります。 コ・ス・パのスタッフが皆さまを全力でサポートいたします。 言葉だけではわからないと思いますが、動画をみたり、実際にやってみるとわかると思います。 この練習を繰り返します。 クロール以外 […] Posted in• 補助者は足が伸びているか確認してあげましょう。

Next

平泳ぎの手と足のタイミング

原因2-手と足の動きが合っていない 水をしっかりと蹴ることができていたとしても、手と足の動きがチグハグだと十分にスピードが出ません。 次に、足の内側、足の裏で外側後方に水を押し込むようにひざを伸ばします。 平泳ぎ 泳ぎ方のコツ(キックとプルのタイミング) 前回までの解説で、平泳ぎのキックとプル(手の掻き・ストローク)の解説をさせていただきましたが、それぞれが綺麗にできたとしてもそれだけでは上手く泳ぐことができません。 平泳ぎの足の動きを動画でチェック! 平泳ぎのキックのコツが分かったところで、実際の動画で確認してみましょう。 効率良く進むためには手と足のタイミングが非常に重要になってきます。 両腕両脚の動作は左右対称でなければならず、ひじを水面より上に出してはならない(ターンやゴールタッチの最後のひとかきを除く)。 片足ずつなので足の裏でしっかりと水をつかめていないとなかなか進みませんが感覚を磨くにはとてもいいドリルです。

Next