ハプティック 技術。 実世界ハプティクスの応用技術

実世界ハプティクスの応用技術

人間の手の動きを保存してロボットアームに再現させることも可能だ。 これが非常にわれわれの技術をよく表現できているものでして、両手で持って傾けるとボールが転がっている感触がするのですが、それだけでなくゴムや金属などの材質感も変更することができます。 しかし、私たちの技術では、ほんの数秒間でデータを記録すれば、さまざまな応用再現が可能です。 自身の右足の指で義手を操作して、一度も練習をせずに、薄くて割れやすいポテトチップスをつかめるという繊細な技術は衝撃的でした。 その基盤となったのが、さまざまな異なる感触を電気的・疑似的に生成するフォースフィードバック技術です。 LINEのチャットルームなどを押し込んで「既読をつけずにLINEを見る方法」なども3D Touchをつかった小技です。 はじめに はじめまして. 筑波大学システム情報工学研究科バーチャルリアリティ研究室に所属している,博士前期課程2年の伊藤弘一郎です. 我々の研究室では,バーチャルリアリティに深く関連する技術である,力覚提示装置,歩行感覚提示装置,没入球面ディスプレイ,デバイスアートを研究しています.詳しくは,をご覧ください. 本記事では,バーチャルリアリティの研究とは何かという話から,力覚提示装置,自身の研究などを解説します.特に,本記事は主な読者である高校生,研究室配属前の大学生向けの内容になっています.一人でも本記事を読んでバーチャルリアリティの研究に関心を持って頂ければ嬉しいです. VRを研究するとは? VRの研究と聞いてあなたは何をイメージしますか? 読者の皆さんの中にはVRヘッドセット(ヘッドマウントディスプレイ,以下HMD)を使用したゲームコンテンツなどに関連する技術の研究を想像する方も多いと思います. しかし,日本のVR研究者の必読書である「」 p. (サムネイル転載元:). また足の筋肉を動かすことでロボットの車輪が動くため、場所の移動も可能だ。

Next

横山 諒(ソニー株式会社)視覚・聴覚・触覚の融合で圧倒的な感動体験を提供する

そしていま、感触への新たなニーズが生まれようとしています。 従来の義手は、手の開閉はできますが、力加減を調節できないためにモノを壊すこともあります。 この記事では PS5コントーラーの革命的な新機能2つとそれに対する感想&ツイッターの反応 を紹介する! 次世代を感じろ・・! *俺がPS5に求めた事を書いた記事もよければ!• NintendoSwitchでの振動というと、Joy-ConでのHD振動が大々的にアピールされていますが、タッチスクリーンのほうも期待できそうです。 2016年のナンバー1の技術なのでは? そう感じさせる最新技術が、にぎやかな会場の片隅の、わずか8㎡ほどの小さなスペースで異彩を放っていた。 リアルハプティクスでは、ロボットアームで触った物体の硬さをグローブにフィードバックできる。 今回の訴訟は、iPhone 6、iPhone 6プラス、iPhone 6S、iPhone 6SプラスやApple Watch関連商品に使われている触感フィードバック技術に関するもので、具体的には「保存された効果を伴う触覚フィードバック」「触感提供のための方法および装置」「モバイル端末での共有フィードバックのための双方向モデル」です。 先程のボールころころ体験っていうのはまさに触覚だけじゃなくって、音と見た目をうまく融合した例なのですけども、触っていただくとプラスチックのボールと金属のボールの違いを感じることができます。

Next

横山 諒(ソニー株式会社)視覚・聴覚・触覚の融合で圧倒的な感動体験を提供する

また、従来の一般的な義手の約半分以下の400グラム程度にまで軽量化が可能です。 また、触覚はその仕組みが複雑であることも挙げられるようです。 釣りゲームとかも捗りそうな技術だな。 使い方としては、まず遠隔操作で、人間の動作と力加減をリアルタイムで覚えさせて、そのデータを記録します。 オノマトペに代表されるバーバルなHapticsの豊かさを踏まえた上で、ノンバーバルなHapticsの表現手段としての触覚提示デバイスの開発にこれからも取り組んでいきたいと思います。 Haptics(ハプティクス)は「脳の錯覚」によって成り立っている なぜ、振動のみでこれほど立体的な感触を味わうことができるのでしょうか。 ハプティクス技術はすでに、 スマートフォン、タブレット、携帯ゲーム機などの日常使用する製品のほか、医療、産業用の製品などにも採用されつつあります。

Next

ロボットが劇的に進化するリアルハプティクス技術とは:日経クロストレンド

なので、力の微調整が可能でしたが、この機能をオフにした状態ではポテトチップスはすぐに粉々に砕けてしまいました……。 [画像のクリックで拡大表示] リアルハプティクスと聞いてもイメージが湧かない人も多いはず。 — ほんね ブロガー kirakukirakuni PS5のコントローラーはゲーマーを別次元に導きそう PS5のコントローラーの新機能である ハプティック技術と アダプティブトリガー。 ドライバーは求める機能を直感的に操作できるので、安全性や快適性を高める画期的なシステムであると評され、日刊工業新聞社主催の第一回「モノづくり部品大賞」で部品賞を受賞しました。 CPUやGPUの強化に伴い、グラフィックやフレームレート向上の可能性が示唆されていたPS5ですが、今回明らかになったPS5へのハプティック技術やアダプティブトリガーの搭載により、 さらに没入感のあるPSVR向けコンテンツ登場の可能性が生まれたと言えるでしょう。

Next

IoTの先を行くIoA 「ハプティクス義手」の衝撃

ちなみに、iOS12(2018年9月18日配信)をインストールした端末であれば、古いiPhoneやiPadでもHaptic Touchに相当する機能「」が実行できようです。 なお、この「Taptic Engine」もまたHaptics(ハプティクス)のひとつといえます。 触覚 触覚の再現は他の感覚に比べると研究が遅れていた分野です。 たとえば、ゲーム機のコントローラーが操作に応じて振動するのも、広い意味でのハプティックといえる。 公式の情報では• その名前は・・ アダプティブトリガー!! うん!名前だけじゃ何もわk 簡単に説明すると 、PS4ではいつ押しても同じ感触だったL2ボタンとR2ボタンに、押し込む際の 抵抗力が追加されて、 シチュエーション毎にボタンの抵抗力が変わる事によりリアルな感触を体験出来る機能だ。 アクションやシューターにとどまらず、RPGに到るまで、この新しいハプティクスの活用範囲は広そうだ。

Next

iPhone XRに搭載されたHaptic Touchとは?”Haptics(触覚技術)”の秘密に迫る

半世紀近く機構部品のフィーリングを追究してきた当社は、常に感触づくりの先頭を走り続けてきました。 しかし、リアルハプティクスを使えば、人間が物を取るのと同じように大まかな場所に腕を伸ばして手探りでボトルをつかみ、ケチャップが出る量はボトルを触っている感覚を頼りに調整できるようになる。 好決算を受けて「通期業績の上方修正も考えた」(永守社長)が、今回はあえてそうしなかったという。 この技術は義手やロボット等への応用が期待されています。 現行のデュアルショック4までバイブレーション機能に変化はなかった そして、今回の発表内容で最大の目玉は、コントローラーに対して初めて具体的に言及されたことだ。 1点目が「高精度な力触覚伝送機能」で、いわゆる力加減の調整です。 一般的に1人ずつ体験してもらうケースが多いのですがある程度人気のあるデモは、行列になるので自分が体験しているときはすごくたくさんの人に見られるんですよ。

Next