ご教授ください。 「ご教授ください」意味や使い方と例文!「教示」「享受」との違い!

「ご教授ください」の意味とは?使い方、例文、類語など

「ご教授ください」という言葉単体で使うこともできますが、多くの場合が「お願いします」と合わせて使います。 ・このコンピューターを立ち上げるには、どのボタンを押せばよいのかご教示ください。 目上の人へ使える丁寧な言葉ではありますが、メールでの使い方によっては失礼となる場合もあるため使い方に注意してください。 相談・依頼・連絡・お礼・謝罪といった目的と、何についての連絡なのかという具体的な部分をできる限りシンプルに件名に入れ、メール本文で詳細を伝えましょう。 ・この服の作り方をご教示ください。

Next

「ご教授ください」と「ご教示ください」【意味・例文・使い方】|語彙力.com

例えばPCスキル関係の特定された分野においては「ご教授いただけませんか」が相応しく、スケジュールを教えてほしい場合には「ご教示ください」が相応しいといえます。 「ご教授ください」を使用した例文 「ご教授ください」と「ご教示ください」は似たような使い方ができますが、どちらも目上の人に教わるという意味は同じです。 関連記事• 全体として 「ご教授ください」は 「教えてください」の敬語表現です。 まさに「教授」から教えてもらうから「ご教授」なわけです。 意味が似ていて使い分けの難しい言葉が、日本語には多くあります。

Next

「ご教授ください」意味や使い方と例文!「教示」「享受」との違い!

教授される内容が「道」や「段階」といったものであるのに対して、 教示されるものは「ヒント」であると区別すればイメージが掴みやすくなりますね。 「ご教授」も「ご教示」も主にメールなどの書き言葉 基本的には「ご教授」も「ご教示」も手紙やメールで使われることが多い言葉です。 教授へのメールの書き方と文例が丸わかり! 返信時のポイントも解説 大学教授に送るメールの文面は、目上の人に対するマナーを守って作成することが大切です。 ・「指導」:わからないことや方法を教える 例)このファイルの保存方法をご指導ください。 では、「ご教示」の使い方について、例文で確認していきましょう! 1-1.「ご教示」の正しい使い方【例文】 これから紹介します「ご教示ください」「ご教示願います」「ご教示いただけますでしょうか」は、どれも同じ意味であり、 社内外問わず目上の方への敬語表現として使うことができます。 例えば取引先の担当者へ、打ち合わせの日程を決めるために空いている日を確認するとします。 10月度のミーティングにてご指示いただいたデータを確認し、まとめてお送りしております。

Next

「ご教示ください」の意味と使い方・「ご教授」との違い

「ご教示」と言う場合は確かにその堅苦しい表現によって似たようなニュアンスになりますが、「教示」の意味合いは「ピンポイントで知識を教えてください」となるため、「ご教授ください」と言う場合とは違って「教える内容が薄いこと」を明確にしてくれます。 一方「教示」はというと、知識や方法を教え示すという意味の言葉です。 『ご教授ください』は、「教え=学問・技芸を一定の順序で」「授けてください」...になる。 つまり、何か分からないことがあって、手近な誰かに教えてもらうときは「ご教示」、誰かひとりに付いて長い期間、ひとつのことを教えてもらうときは「ご教授」というわけです。 柔道や華道、将棋、チェスなど、教える内容が限定された人に対して、教えを請うために使います。 ・候補としているテーマの目的が妥当か ・全体の構成 ・卒論作成に必要な調査とその手段 お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願いいたします。 教えていただけますでしょうか。

Next

「ご教示ください」と「ご教授ください」の違いと使い分け

ビジネスシーンでの「ご教授」と「ご教示」の使い分け 「ご教授」と「ご教示」は言葉が似ているため、どちらが適しているのか、ということを咄嗟に判断することが難しい場合があります。 「在庫の有無をご教示下さい。 その一つが「ご教授ください」と「ご教示ください」です。 社内でも英語を目にしたり耳にする頻度が上がってきている今だからこそ、こういうタイミングにまとめて覚えてしまうのもビジネスマンとしての業務効率化に繋がるのではないでしょうか。 長期の取引がある場合や、教えてもらう内容によって使い分けていきましょう。 また、長期間にわたって教わるのでなくとも、相手が長い時間をかけて身につけた知識や技能を教えてもらいたいというときに、相手を立てるために「ご教授」が使用されることもあります。 お礼を伝えるときに最適なフレーズをご紹介します。

Next

「ご教授ください」意味や使い方と例文!「教示」「享受」との違い!

ただし、やり取りが長くなり、用件が移り変わってもそのまま返信し続けるのはよくありません。 職人を目指して師匠に弟子入りするというときや、定期的に指導を受けることになるその最初の挨拶で使う場合はふさわしい表現であると言えるでしょう。 また、「ご教授」は長期間に渡り教わりますが、「ご教示」はその場で答えが返ってくる場合が多く、継続的な教わり方はしません。 ビジネスの場において「知りません」「存じません」という言葉を出すことに躊躇する場合に使うことができます。 社会人らしくスマートな印象を与え、使い勝手の良い「ご教授ください」、「ご教示ください」は、ビジネスメールで頻繁に登場します。 それぞれの意味や用法を正しく理解して、間違えのないように使用しましょう。

Next