小説家になろう薬屋のひとりごと。 【次にくるマンガ大賞2019 大賞発表!!】『薬屋のひとりごと』『SPY×FAMILY』が受賞!ランキングもご紹介します

薬屋のひとりごと 原作・小説・漫画の違いは?読む順番とどっちがおすすめかを解説!

作中のイケメン男が「僕のことをゴミのような目で見る君の視線が癖になってしまったから付き合ってくれ」とかいう昔バズった嘘ツイッターみたいな事を言ったのが笑えたので星2つプラスで。 西都の民には人気があり、共に相撲を取ったりしているが、派遣されて来た陸孫に教えを乞うことはなく、雑務を押し付けている。 内容は軍師らしくかなり出来がいいらしい。 猫猫に言わせるなら骨格も素材も一級品ながら化粧はイマイチ。 なんと 無料で読めるのでその手の人とってはたまらないかもしれません。 また、自分の欠点を補う方法を考え、指南してくれた羅門のことは慕っており、比較的素直に言うことを聞く。 毒が好きすぎて色々実験しまくったおかげで毒の耐性がそわなってしまい、宮中に命がけの毒味役として雇われるも、無傷で毒を発見できるという特殊能力を持ってしまったというお話。

Next

薬屋のひとりごと (くすりやのひとりごと)とは【ピクシブ百科事典】

— 日向夏🐗 NaMelanza やっぱり結構違うような気もしますね! 漫画と書籍小説 漫画は書籍小説をベースにしてストーリーが展開されています。 謎すぎる日向夏さんですが、どうやら2人の子供がいるようです。 こうなったら、しかたがない。 第5巻 2019年7月25日発売、• 第4巻 宮廷編3 2015年9月30日初版発行 、• 付与される1200P以上の漫画購入費用は40%ポイントバック! 『U-NEXT』のサイトで月額1990円(税抜き)の課金をすれば人気動画が見放題&1200円分のポイントがチャージされ、お好きな漫画を購入することができます。 主婦の友社. 文章がしっかりしていると、作風自体が堅い印象を受けますが、 主人公の語り口がユーモアにあふれているので、上手く緩和されているように思います。 察した猫猫は化粧品も買いましょうと提案。 父親の子昌は地方の豪族で上級官僚。

Next

薬屋のひとりごと (くすりやのひとりごと)とは【ピクシブ百科事典】

2017年11月15日閲覧。 その役割もあり、皇帝・阿多とは幼少時は共に後宮内で遊んでいた幼馴染にあたる。 一瞬で不機嫌になる姚。 水蓮(スイレン) 壬氏付の初老の侍女。 公称24歳だが、大人びた外見よりも実年齢は若い。 】 「小説家になろう」発! ヒーロー文庫の大人気タイトル『薬屋のひとりごと』が、待望のコミカライズ! 中世の宮中で下働きをする少女・猫猫(マオマオ)。 父である皇帝にも、祖母である皇太后にも可愛がられて順調に成育中。

Next

薬屋のひとりごと1巻ネタバレ・感想!めちゃ面白い異色の物語☆

事件後は死体すら見つからず行方不明。 しかし7巻は1年3ヶ月、8巻と9巻の間はまる1年ほど空いています。 注釈 [ ]• 女華(ジョカ) 緑青館三姫の中では最年少だが、彼女との会話についていければに合格すると言われるほどの才女。 実父は彼女が生まれる前から他所に妾を囲っていて、母の死後すぐに後妻を迎え、異母兄姉を優先して可愛がるなど、不幸の塊のような少女。 やけ酒飲んだら二人一緒に異世界召喚。 猫猫に至っては「あのおっさん」としか呼ばない。 やはり狐目に丸眼鏡をかけ、帯には算盤をぶら下げている。

Next

【薬屋のひとりごと】どんな話?概要やあらすじなどの情報まとめ(PVあり)

位は貴妃。 小猫の博識さや、有能さと控えめな性格や容姿も含めてとっても面白い物語です。 横目で少し落ち着いた様子の壬氏を確認した猫猫は、火傷の手当に必要な材料を探しに部屋から出ていこうとする。 右叫(ウキョウ) 緑青館の男衆の中でも古株の一人の四十路前の男。 壬氏に対して心臓が高鳴ると同時に薬師として壬氏の傷が気になる猫猫。

Next

薬屋のひとりごと 1巻

少し金銭感覚がずれている。 登場人物 [ ]• 早く市井に戻りたい、猫猫はきょうも洗濯籠を片手にため息をつくのだった。 実母は物心つく前に他界。 そばかすだの貧乳だのが昔の中国でも女性の短所なのか?とか価値観が現代日本のオタクカルチャーまんまなのもねえ…。 皇帝も通うたびに別人のような印象なため混乱していた。

Next

小説家になろうでおすすめの恋愛作品10選【大人の女性向け】

玉葉妃の出産の際、逆子の疑いがあった為猫猫の申し出で後宮へ呼ばれる。 小蘭(シャオラン) 14歳。 猫猫の元にもたまに手紙がくるらしいが、肝心の勤務先の住所が書かれていない為猫猫自身返事すら出せていない。 そして恋愛フラグが立っているようで立っていない、そんなじれったくなる関係性! 主人公は フラグクラッシャーと作者自身が太鼓判を押すキャラです。 どうやら薬を買いに行きたいらしく、その筋に詳しい猫猫について来て欲しいようだ。 ボロクソにしてやる。 レビュー 女性特有の柔らかいタッチの文章が読んでいて落ち着くな、と思ったのが第一印象でした。

Next