デレステ 理論編成。 【デレステ】スコアタのためのポテンシャル解放考察

【デレステ】特技秒数についての基礎知識【編成強者への道】

高得点を出すために基礎値を上げるのは大事なことです。 ただし、コンボは繋げられますが、スコアを直接伸ばしてくれるわけではないので、自信のある楽曲プレイ時や、慣れてきたころには別のアイドルを編入した方が良いでしょう。 スキブは8秒が明らかにカバー率が高いため優先的に採用しましょう。 基礎値計算時、最後にノーツ数で割り算を行うため、ノーツ数が多い楽曲は単純計算で1ノーツ分のスコアが低くなる傾向にあります。 「最初の特技発動タイミング」がUNIT Aなら楽曲開始からn秒後、UNIT Bなら楽曲開始から2n秒後、UNIT Cなら楽曲開始から3n秒後となる 言葉だけでは分かりにくいと思うので図で解説。 3% 備考 通称チューニング(そのまま)。

Next

【デレステ】Daレゾナンス編成(2019/11/06/5:00時点)

ファン活 LivePartyをもっと行って 欲しいとの思惑があるかと。 ール・という特技は、特技単体の性能よりも「発動間隔」が最も重要視されるレゾナンス編成で用いられることもあるので一概には言えませんが、以上の理由から11高・9高の需要は7高と比較してやや高いように感じます。 43 秒 しばらく) 49. これに対し「7秒間隔」と「9秒間隔」なら周期は63秒と長めになるので特技発動の隙間を少なくすることができます。 7% 9秒 中 しばらく 83. 回復が入れられないのと、トリコロ編成が輝くGrooveではゲストがいないのでライフがかなり厳しい。 というか そうでなかったら このフェス限の価値を疑いますが。 具体的に最強だと言われているのは【スマイル・アンド・トリート】島村 卯月+、【エターナルブルーム】渋谷 凛+、【カレイドスノー】本田 未央+です。

Next

【デレステ】特技秒数についての基礎知識【編成強者への道】

特技についての考察 ダメガは7秒中確率が最適で、これはカバー率の高さも理由ですが、単に最速で発動して欲しいからです。 というより6中が弱い。 編集に参加したい方はGamerchへの会員登録後、を行ってください。 38 0. ユニット編成は一見適当に編成しておけばいいように見えて、奥の深いものです。 トリコロ、スキブ、シナジーの得意ステータス Vo,Da,Vi を一致させる。 つまりUNIT Aを11秒編成とし、UNIT Bに8秒または10秒スキブ(理想は10秒)、UNIT Cに9秒シンフォを置くと、 このように終盤で全て同時発動し、 数秒で100万近くスコアが伸びます。

Next

デレステ スコアの計算や編成について

現在はそこまで活躍の機会は多くない……はず。 グランドライブ放置編成が組めない人でも2000位ぐらいは本稿で紹介したmaster放置で取れるので諦めないでください。 それらを以下で紹介。 よって、このフェス限の項でのみ、紹介されている特技を有する具体的なカード名を載せています。 カバー率が低い上にダメガと効果時間が被る 7秒スキブは非推奨です。

Next

【デレステ】協力LIVE「Live Party!!」の最適な編成方法

高得点を出すために基礎値を上げるのは大事なことです。 特にスターピース交換はティアラと同じ50個で交換できるので地味にお得です。 43 秒 しばらく 92. あくまで一例であり、いわゆる 「理想編成」とは限らないことに注意してください。 大事なのは、ノーツ1つあたりのスコアをどれだけ伸ばせるかにあります。 放置編成の具体例 前章で説明した編成の具体例として、私が検証で使ってるユニットを紹介しておきます。 コンボを繋げれば繋げる程倍率が上昇し、90%近くコンボを繋げると、倍率は2. 理想とするのは、特技発動周期に穴が無いように編成することとなっていますが、ここまで突き詰めるためには多数のアイドルと高い特技レベルが必要となるでしょう。 開始7秒で死ぬ曲もポテンシャルとクロス・パッションのセンター効果で放置できるかも。

Next

【デレステ】レゾナンスの評価と考察

アンコール 秒数一覧 発動間隔 発動確率 効果時間 カバー率 12秒 高 少し 50% 15秒 高 しばらく 50% 備考 通称アンコール。 秒数としてはメジャー中のメジャーである11高・9高・7高。 当サイトの内容の転載は禁止ですが、引用としてリンクを張っていただける場合は可です。 ちなみに、ポテンシャルを10解放&楽曲属性一致の場合、「高確率」は100%、「中確率」は94. センター効果 Live Carnivalでは、 特定のBOOTH効果の場合使用。 特技単体の性能はそこまで高くないので、レゾナンス編成で他の特技と重ねるか、もしくは非レゾナンス編成において他の特技の隙間を埋めるような(補助的な)使い方が基本。 0まで上昇します。

Next

【デレステ】レゾナンスの評価と考察

この辺がレゾナンス編成の難しいところですね……。 ・7秒毎、中確率で少しの間 5. ただし今のところ秒数・属性・特化ステータスの全通りの組み合わせ(27種)は実装されていないので、その点は今後に期待。 もし上記条件が満たせなくても 曲によってはステータス不一致だったり、属性一致が2名でもスコアSが取れます。 サラリーマンが2000位を目指すなら放置編成のみでは厳しいですが、走るのが楽になるのは間違いないです。 7% 備考 通称スキブ。 推奨はプリンセス系センター効果(フォーカス系特技)持ちのアイドルが二人となりますが、一人しかいない場合はコンボボーナスを二人以上入れましょう。 ただし4高と6中はどちらもカバー率75%と等しく、これが理由で「4高は強い」「6中は弱い」と言われがち。

Next