バルガ ゲイザー デッキ。 【デュエプレ】デアリガズ連ドラの最新デッキレシピ【デュエマプレイス】

【デュエルマスターズ】”実質3ターンスクチェンバルガゲイザー” ドラッケンと鬼寄せの相性が凄まじ過ぎる話【デッキレシピ(※)】|デネブログ デュエマの速報・環境

さらに、《鬼寄せの術》やそこから《デュアルショック・ドラゴン》に繋げてシールドを減らしていくことで革命2を発動させやすくなります。 赤緑速攻 現在再び環境で大暴れしている。 長期戦では追加ターンを ゲームが長引きそうな場合はを温存し、10ターン目以降にプレイすることで追加ターンを狙っていきます。 多色カードや新能力を持ったSRカードの登場で、全く新しい環境を楽しむことができそうです。 そしてバルガライゾーも一応入れといてください。 デッキによってはそのまま勝ち切る事ができそうです。

Next

【デュエルマスターズ】”実質3ターンスクチェンバルガゲイザー” ドラッケンと鬼寄せの相性が凄まじ過ぎる話【デッキレシピ(※)】|デネブログ デュエマの速報・環境

普通に強そうですね! 最後に まさか《無双竜騎ボルバルザーク》が来るとは・・・と思った方も多いのではないでしょうか。 これにともない、「連ドラ」といえば火単色という常識は覆されることとなる。 他には、でガチンコ・ジャッジの勝利回数分をする、ガチンコ・ジャッジに勝てば手札に戻るマナ加速呪文を獲得。 ドルザークの登場によりボルメテウス・ホワイト・ドラゴンが攻撃しながら除去できるカードとなった。 ここから連ドラの構築が変化し、内のの比率を大幅に増やしての除去耐性で耐え抜くものが主流となる。

Next

【ゼノンザード】赤青スペルゲイザーのデッキレシピ【zenonzard】

攻撃時に山札の上から1枚目を表向きにして、それが火のドラゴンならバトルゾーンに出せる《革命龍ドラッケン》。 弱点 [ ] デッキ内の比率が異常に高いため、が起こりやすい。 第3弾でゴーストの進化元が充実して来ているために生まれた、強力な軸のデッキ。 DMR-18発売と同時にが解禁。 青黒アクアンバロム こちらも今は永遠の環境中位。 シングル価格も安価。

Next

【デュエプレ】デアリガズ連ドラの最新デッキレシピ【デュエマプレイス】

これにより、5マナ貯めてから、による大型のを狙うが急増。 総じて、TCGほどピーキーな能力ではなく、使い勝手は良さそうです。 残りを好きな順序で山札の一番下に置く。 例えターンを返しても負けないような盤面を作っておけば、デメリットも気にせず使用できます。 期 [ ] ドラゴン・サーガに引き続き、革命ファイナルもドラゴン推しの弾であり、ドラゴン・サーガ期ほどではないものの相性のいいカードは多い。 と合わせて8枚体制が可能となり、を利用したが登場した。

Next

5/19 デュエプレ環境デッキTierまとめ&レビュー

ステータスは当時の姿そのまま。 序盤のブーストとしてが登場し、マナブーストにもドラゴンを用いることができるようになったおかげでよりデッキをドラゴンで埋めやすくなった。 新しい形のコントロールデッキも台頭するでしょう。 期 [ ] の発売以降、再びピックアップされるようになる。 実質とが同時に行われているようなもので、そのは大きい。

Next

【ゼノンザード】赤青スペルゲイザーのデッキレシピ【zenonzard】

序盤にかが引けないと何もできないまま殴り切られてしまうことも。 バルガゲイザーは伝説の火龍の復活を、いちばんはじめに予見していた。 デアリ 黒赤緑 ガルザーク 紅バルガゲイザーの効果で攻撃する度にドラゴンを踏み倒し続けたり写真の神滅竜騎ガルザークで唐突な3打点を飛ばして奇襲していくデッキ。 、などが台頭。 普通に連ドラなら強いと思います。 他にもやなど、と相性のいいは多い。

Next

【デュエルマスターズ】”実質3ターンスクチェンバルガゲイザー” ドラッケンと鬼寄せの相性が凄まじ過ぎる話【デッキレシピ(※)】|デネブログ デュエマの速報・環境

数が少ないのもあってを踏む危険性が低いという理由もある。 が高いが大量に積まれる点から、とは非常に相性が良い。 基本的に、追加ターンを得ることは勝利に直結します。 ガルクライフ・ドラゴン 無双竜機ドルザークはパワー5000以下のクリーチャーのみマナに送ることができる。 初代ボルバルは、意図せず場に出た時にも強制的に追加ターン&敗北能力が発生するので、当時は《母なる大地》で相手の《無双竜騎ボルバルザーク》をマナから無理やりバトルゾーンに出すことで勝利する事もありました。

Next